読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・大アルカナ「法皇」:常人ではない人は「境目」を持たない

<大アルカナ・法皇>

このカードは、複数の「呼び名」を持っています。

「法皇」「教皇」「司祭」

 

人々より、一段高い場所に「法皇」は腰をかけています。

背景には、左右対称に真っ直ぐで太い柱が見えます。

真っ赤なローブをまとい、自分の頭よりも大きい黄金の冠をかぶった「法皇」は、威厳があり、気安く近づけない雰囲気ですが、でも、拒絶感は感じません。

来るものを皆、歓迎してくれます。

 

二人の使徒が、法皇の前にひざま着いています。それは、強制的にではなく、自ら進んで。法皇の「教え」にじっと耳をすまして、一言も逃さない様に、法皇の言葉を聞いています。

 

使徒は法皇をじっと見つめているために、彼らの目の前にある「鍵」には気がついていません。

その「鍵」を使うと、新しい扉を開けることができるかもしれませんが、今のところ、「鍵」を手に取る様子を見て撮ることはできません。

 

法皇は、二人の使徒に、「平等」に金言を告げています。

法皇の右手は、2本を指が真っ直ぐに上に向かって伸ばされていて、まるで、「天」からのメッセージを感じ取ろうとアンテナを立てている様にも見えます。

法皇は、常に「天」と繋がっていて、「大いなる」ものと「地上にあるもの」との架け橋をしているのかもしれません。

 

つまり、法皇が語ることは、法皇個人の言葉ではなくて、「大いなるもの」からのメッセージであり、「大いなるもの」は、いつも「地上にあるもの」に、影響を与え、だから、「地上にあるもの」は、「大いなるもの」の中で守られているとも言えます。

 

手の指は繋がっているから、法皇の様に、2本だけ真っ直ぐに上に向けて伸ばすことはできません。(すごいレッスンをしたら、もしかしたら可能かもしれないけど)

 

いつも法皇の右手を見るたびに

「この人ってすごい!」と思うのです。

だから、こんなすごい事が楽々できる人の言うことは、ものすごい事なんだろうなと思うのです。

 

常人ではできないことをやってのける「法皇」は、「祝福」と「叡智」を授けてくれます。

その中で、人は守られるのです。

その中でしか、人は守られません。

 

 

集団の中での素晴らしい関係性。

慣習に従う。

伝統を守っていく。

斬新ではなく、慣例にしたがって進む。

周囲との調和を考える。

全ての人にとって、それは「幸せ」と言えるのか。

道を外れることは許されない。

社会的な役割を果たしていく。

(恋愛相談の場合)祝福された結婚。

個人の感情を抑圧する。

モラルを守る。

自由を求めるならば、その場を立ち去らなくてはいけない。

(ネガティブに捉えると)洗脳されている。

 

 

 

「常識」に囚われてしまうと、「視野」が狭くなってしまうので、「その他」の世界が、自分が見ている世界から遠ざかっていきます。

 

また、「なんだかすごい!」人は、本当にすごいけど、果たしてその「すごい」は、一体何がどうすごいのか、冷静に自分で確かめなくてはいけません。

なぜならば、その「すごい」が自分にとって、「ポジティブ」へ導こうとしてくれているかどうかは、自分で判断するしかないからです。

「すごい」は、そこまでの責任を負ってはくれません。と言うよりも、責任を負うことができません。

「だって、わたしの前に、ひざまづいて、わたしの話を聞いていたから、わたしは、わたしの話しを貴方にしただけでしょ」と言われます。

 

でも、「すごい」の言うことを、そのまま鵜呑みししていると、「すごい」の中で安心していられるから、自分で考えて判断し決断する必要はありません。だから、ある意味、とても楽です。

 

 

「法皇」のカードは、今ある「慣習」を、遠くから眺めてみたら?と伝えています。

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る