読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・大アルカナ「悪魔」:その「衝動」の火元はどこにあるのか。

<大アルカナ・悪魔>

 

真っ暗な背景に、不気味な「悪魔」がいます。

「悪魔」の頭には、「逆五芒星」のマークがついています。

物事がネガティブに、悪意に満ちている事を表しています。

 

「悪魔」は松明を逆さまに持っています。

逆さまにしているため、松明の炎は「悪魔」の手を焼いてしまいそうです。

右手のひらには、「黒十字」の印があります。

 

「悪魔」前には、鎖で繋がれた男女が立っています。

ただし、その鎖はとてもゆるいので、もしかしたら、すっぽりと抜けるかもしれません。

 

男性の尻尾は、「悪魔」が持っている松明に火に炙られています。

熱くないのでしょうか・・・熱いけれど縛られているので、そのまま耐えているのでしょうか・・・。

 

女性の尻尾には、美味しそうな果実が実っています。

果実が実っているのを、女性は知っているのでしょうか・・・それとも、知ってはいるけど、縛られているから、どうせ取れないと、諦めて取ろうとしないのでしょうか・・・。

 

 

「悪魔」とは、「闇」の象徴です。

 

「闇」の存在を知っていても、「闇」を気づかないふりをしていた方が、楽なのかもしれません。

なぜならば、「闇」と向き合うのは、「寝た子を起こす」ことになってしまうからです。

 

二人は、寝た子を起こしてしまわないように、ゆるい鎖に縛られるまま、現状に甘んじているのです。

 

 

束縛されている。または、束縛したいと願っている。

臭いものに蓋をしている。

諦めてしまった。

惰性の関係。

満足はしていない。でも、満足するために動こうとはしない。

他者に依存している。

執着している。

現実を見ようとしていない。

自分の見たいものだけ見ている。

劣等感が進化を止めている。

プライドを捨てることができたら、新しい歩みが始まる。

他人をアテにしない方が良い。

ネガティブな自分を、まずは認めてみよう。

古い慣習に違和感を感じているが、変えようとはしていない。

今こそ、誘惑(悪縁)を断ち切るとき。

「悪魔」は自分の中にいる。(「悪魔」とは、自分の「闇」である)

(恋愛の場合)実りのない関係が続く。

 

 

 

「悪魔」に負けてしまうのは、自分が「悪魔」に過度な期待をしてしまっているときに起こります。

「悪魔」が何とかしてくれるかもしれない・・・。

きっとその内、「悪魔」が気づいてくれるだろう・・・・。

 

 

これが、「悪魔」のカードのイメージです。

 

 

 

もしも、火傷を負って辛いのであれば、火元から尻尾を遠ざけてみましょう。

もしも、自分は何も持っていないと落ち込むのであれば、鎖を外して、自分の足元を振り返ってみましょう。

 

 

「悪魔」は、決して攻撃仕掛けてきたのではなくて

ただそこに在るだけです。

 

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る