読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード「小アルカナ」は具体的な「景色」を見せてくれます:4つのエレメント「火」「地」「風」「水」

タロットカードは、二つの種類があります。

 

大きな流れや、壮大なメッセージを伝えてくれる「大アルカナ」と

具体的なイメージを伝えてくれる「小アルカナ」です。

 

「小アルカナ」は、以下の4つに分類されています。

・棒(ワンド)

・杯(カップ)

・剣(ソード)

・金貨(ペンタクル)

 

そして、1番から10番までのカードと、「ペイジ」「ナイト」「クイーン」「キング」の4枚のコートカードです。

全部で、56枚あります。

 

 

これは棒(ワンド)の「1」

 

 

これは杯(カップ)の「1」

 

 

 

これは剣(ソード)の「1」

 

 

これは金貨(ペンタクル)の「1」

 

それぞれのシンボルは

・棒(ワンド)・・・・情熱 それによって動く 「火」

・杯(カップ)・・・・感情 それによって満たされる 「水」

・剣(ソード)・・・・理性 それによって境目を作る 「風」

・金貨(ペンタクル)・財 地位 それを守る、または、守られる「地」

 

「1」から始まり「10」で完結します。

コートカードは、具体的な人物、発達段階(内的な成長)として解釈をしていきます。

 

 

 

もしも、リーディングで、同じエレメントのカードばかり並ぶ場合は、そのエレメントに偏っていると解釈ができます。

 

例えば、「恋愛相談」の時に、棒(ワンド)ばかり並ぶのであれば、「熱い思いが熱すぎ!」かも。

だから、ちょっと冷静になると良いかも知れませんね。

逆に、剣(ソード)の場合は、「いくらなんでも頭で考えて、分析し過ぎ!」かも。

だから、気になることろばかり見ないよう、「片目」をつぶって許してあげると上手くいくかも知れませんね。

 

カードリーディングでは、一枚ずつの意味だけでなく、「全体」を眺めてみると、「ひと回り大きい視点」で観ることができるんです。

 

4つのエレメントの画像を眺めて、気になるエレメントは、今のあなたにとって、「必要」なエレメントかも。

 

 

あなたは、どのエレメントが気になりますか?

 

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る