読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・小アルカナ・「ワンド2」:決めては「覚悟」

<小アルカナ・ワンド2>

 

男性が立っています。

男性は「商人」(実業家)だと言われています。

右手には「地球儀」を、左手には「ワンド」を持って、遥か遠くの景色を眺めています。

彼の左足は塀の内側に、右足は塀の上にあります。

 

彼の右側には、もう一本の「ワンド」があります。

その「ワンド」の足元は、しっかりと固定されているので動かすことはできません。

 

2本のワンド、どちらにも、小さい芽が出ています。

これから、育っていくことでしょう。

 

 

これから、彼は、いったい、どうしようと考えているのでしょう。

彼の視線は、遠くを見ていて、彼の体も外側に向かっています。

そして、固定されているワンドに、背中を向けています。

でも、彼の姿からは、一歩を踏み出す気配は感じられません。

 

 

 

進みたい気持ちと、留まりたい気持ちが葛藤している

進むためには、現状を捨てる必要がある

明確な方向性を定めてから進もう

こだわりが強すぎると進めない

安全を放棄する必要がある

冒険を始める勇気はありますか?

先はまだ遠い

「支配」からの逃亡

憧れ

手放せない悲しみに浸っている

見返りは期待しないで

決断は自分次第

もうすでに「成功」している だから動けなくなった

自らの立場に縛られている

 

 

 

どちらの方向を進もうかと悩んでしまったとき

できれば両方の「美味しことろ」だけ、選ぶことができたらどんなに良いだろうと、時々思います。

 

選べないのは、捨てられないからですね。

一つを選ぶと、もう一つは捨てなくてはいけないので、捨てられると、悩むことなく、自然にサクサク進んでいけますね。

 

このカードには、「憧れ」と「悲しみ」の二つの感情が描かれています。

 

もしも、絵を眺めてみて、「憧れ」を感じたら、迷わず一歩踏み出して観ましょう。

「悲しみ」を感じたら、残念ながら、踏み出す時ではありません。

 

 

悲しい気持ちを持っていると、冒険にお決まりの「想定外」に対して、「後悔」の念が浮かぶからです。

 

進めないと、それはネガティブなのかというと、そうではありません。

 

二つのワンドのどちらにも、小さな芽が顔を出していて、どんどん大きく育っていきます。

 

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る