読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・小アルカナ「ワンド6」:勝利を勝ち取った後に待っているもの

<ワンド6>

 

月桂樹の冠を被った男性が、月桂樹の付いた「ワンド」を高く掲げ、勝利を宣言しています。

真っ赤なローブは、彼の情熱がどれほど熱いかを表しています。

 

彼の周囲には、彼を支えている人々が取り囲み、一緒に勝利の瞬間を味わっています。しかし、一体何人の人々が彼を支えているのかは、この絵からはわかりません。

 

カードに描かれている6本の「ワンド」の3本には、たくさんの新芽が出ていますが、残りの3本の「ワンド」は、頂上にたった一つの新芽しか出ていません。

 

男性は、緑のマントを被った馬に跨っています。

馬は前を見るのではなく、彼の方を見ています。

その姿は、まるで二本足で立っているかのようにも見えます。

 

 

「ワンド6」は、「成功」と解釈をしますが、「成功」の裏に様々な「景色」が潜んでいると教えてくれています。

 

 

 

物事が達成した

勝利の狼煙をあげる

勝利宣言

周囲も認める結果が出せる

良好な人間関係が結べる

支えてくれている人がいることを忘れないで

全ての人が賛成してくれているわけではない

リーダーシップを発揮しよう

一つのチームにまとめる実力が試される

勝利に浸り過ぎないで

どんな時でも周囲の動向を冷静に観察すること

 

 

 

人は、どんな時でも、たった一人ではなく、いつも何かしら周囲の影響をけています。

それが、応援の場合もあるし、そうではない場合もあります。

 

一つのプロジェクトを成功に導くには、チーム一丸となって行動しなくてはいけません。もしも、気持ちが他所を向いていたとしても、行動がチームの和を乱さなければ、表面的には一丸となっています。

 

どんな人も、各々の気持ちがあり、各々の考え方があるので、どこかで譲ったり妥協しなくてはいけません。

 

 

いつも「敵」は、一番身近な場所にいる。

 

 

「ワンド6」のカードを見るたびに、それを強く感じます。

彼を支えている「馬」は、何とも不安定な姿で描かれていて、占者によっては、「馬ではなく人がマントを被って馬に変装している」と解釈をする方もおられます。

実は、私もそのひとりです。

どうしても、この「馬」は、「馬のふり」をしているように見えて仕方ないのです。

そして、「馬のふり」は、「人間」になるタイミングを、じっと見ているように感じるのです。

貴方は、どう見えますか?

 

 

チームが「崩壊」する時

外からの攻撃ではなくて、内側の「暴露」が決定打となることがほとんどです。外からの場合は、チームが粉々にはならず、かえって団結力が増すのですが、内側からの場合は、再起不能なほどに粉々になって、散らばってしまいます。

 

 

勝利を勝ち取った後、再び、新しい「戦い」へと、物事が進んでいきます。

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る