読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・小アルカナ「ワンド9」:自分の情熱だけを信じて貫いた先に待っている「孤独」

頭に包帯を巻いた男性が、一本の「ワンド」をしっかりと持って、一人で立っています。

 

彼の顔は、緊張感でいっぱいです。

気が休まらない様子で、辺りをじっと見つめています。

きっと、彼は、昼も夜も、ずっと、こんな調子で立ち続けていくのでしょう。なぜなら、周囲には、誰もいないからです。

 

彼の周りには、とても立派な「ワンド」が8本立っています。

どの「ワンド」も、地面に垂直に、天に向かって垂直に、真っ直ぐ上に向かって立っています。

その一本づつは、どれを見ても、独立していて、力強さを感じます。

 

 

「9」は、東洋では「陽」が行き着いた最後の「数字」だと考えます。

つまり、「ワンド9」は、自分の情熱を信じて貫いて、行動した、行き着いた最後の姿とも言えます。

 

 

 

自分の殻に閉じこもっている

視野が狭くなり、他者の意見を聞き入れない

不屈の精神で戦ってきた

自分の信念を信じている

緊張感に満ちている

心の中で葛藤が芽生え始めている

葛藤は、自分の中だけで、決して外には出さない

自問自答を繰り返しながら自分の気持ちを確認している

このままでは発展は望めない

それは、「完成」しているから

流れが変わっているのを受け入れようとしない

防衛

失いたくないと心から願っている

過去の栄光に囚われていませんか?

弱さゆえに自己開示ができない

心から語れる人がいない

他人が信じられなくなった(それは過去の失敗に囚われているから)

 

 

 

人間関係の悩みは、多分、誰しも味わった事があると思います。

その悩みの大きさは、人によって違いますが、占いでも、人間関係の悩みの相談は、とても多いです。

 

「個」の時代と言われていて、「個性」を吉とする流れの中では

人間関係の悩みは、これから、ますます大きな課題になっていくでしょう。

 

なぜなら、誰とでも仲良く出来る人は、誰にも合わせられる人だから。

それは、相手が望んでいることが「軸」となり、その「軸」がいつも環境によって変化している事です。

ということは、「自分軸」ではなく「環境軸」で生きている事になります。

 

「ワンド9」は、「個」で生きる世界を見せてくれます。

 

自分らしく生きるのは、自分以外が「敵」となってしまう。

それでも、守りたい信念は、守り抜くべきだと思っています。

そのために、どこからやってくるかもわからず、どんな「敵」が、どんな攻撃を、いつ仕掛けてくるかもわからない中で、立ち続けていきます。

 

 

「孤高の人」が放つオーラは、美しくもあり、強くもあり、そして、どこか悲しさと、今にも崩れてしまいそうな儚さが漂っています。

 

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る