読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・小アルカナ「カップの2」:響き合う二人はお互いを見つめ続けている

<カップの2>

 

男性と女性は、お互いに見つめ合っています。

男性は、女性の「カップ」に手を伸ばしています。

女性は、男性から差し出された手を拒否する様子はありません。、受け入れているのでしょう。

ただし、お互いの「カップ」は、傾けてはいなくて、真っ直ぐな位置を保っています。

 

背景には、木々に囲まれた赤い家が見えます。

家は、安らぎの場所であり、傷付いた体を休める場所であり、帰る場所です。

 

 

二人の間にはヘルメスの杖が、そして、その杖には二匹のへびが絡みつき、翼を広げたライオンの頭が描かれています。

この二人の関係が、決してまやかしや良い加減なものではなく、神秘的であり魔術的なものであることを示しているようです。

 

 

 

崇高な愛

お互いを尊重し合う関係

よって依存的ではない

切磋琢磨する関係

(恋愛の場合)相思相愛

だたし、お互いの間には緊張感も漂っている

調和

節度のある付き合い

深みにはハマらない

なので、それが冷たいと感じることもあるかもしれない

協力者

頼りたい気持ちが強くなると相手は負担に感じる

緊張感が伴う関係

献身的な態度が試される

まず相手が何を望んでいるのかを知ること

そのためには、相手に関心を持つこと

独りよがりな態度は、はその人には通用しない

 

 

心から湧き上がり溢れる「愛情」は、相手の「カップ」を満たしていきます。

相手を満たしていくことが、二人の間での「愛」の景色です。

 

 

反対に、満たしてもらおうとすると、相手に常に要求をして、「カップ」」に水を注ぎ続けてもらわなくてはいけません。

そうすると、相手の水は、注ぐしかなくなり、いずれ水は枯渇してしまいます。愛が枯渇します。

 

相手の「カップ」の状況に心を配って観察して、必要な水を必要な時に注いであげる。

それをお互いに、自然とできる関係は、「最高のパートナー」です。

「最高のパートナー」と過ごす時間は、「いつもの私たちの場所」として、心休まる掛け替えのない「場所」となっていきます。

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る