読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・小アルカナ「カップの5」:倒れた杯を起こすと、また、水を入れることができる

<カップの5>

 

黒いマントにスッポリと身を包んだ人物が立っています。

その人は、男性とも女性とも見てとれます。しかし、顔は全く見えないので、どんな表情なのかはわかりません。

でも、きっと、悲しみにくれているのでしょう。

なぜならば、ひっくり返って中身が全て溢れてしまった「カップ」を見つめているからです。

 

後ろには、二つ、「カップ」があります。

でも、その存在には、気がついていません。

中身が溢れてしまった「カップ」に気を取られているからです。

 

背景には、立派なお城が見えます。

成し遂げたものが、とても大きくて立派だったことがわかります。

 

川が流れています。

川の流れる方向を見ると、アーチ状の橋があります。

 

橋は、二つの異なる「領域」を結び付けてくれる役目を果たします。

 

橋を渡ると、今までとは違う、想像を越えた場所に到着できるかもしれません。

 

 

喪失

もう元には戻れない

失って初めて気がついた悲しみ

時既に遅し

後悔先に立たず

気持ちが塞いで、何もしたくない状態

全てを失ったわけではない

今の気持ちをもう一度味わってみよう

本当の気持ちは変わっていない

欲張りすぎた

終わってしまったと思っても、まだ、道半ば

チャンスはピンチの中に隠れている

できる方法は既に手の中にある

反対意見を聞いてみよう

ネガティブの中のポジティブを探す

力は残っている だから、必ず復活できる

潮時

見切りをつけて

 

 

 

「カップ」のカードは、明るく楽しい絵柄が多いです。

でも、この「カップの5」は、どこから見ても、楽しくないし、ネガティブにしか見えませんね。

 

失った悲しみは、失ったもので癒すことはできません。

元には戻らないからです。

 

悲しみが癒えるには、川の流れに身を任せて、自然に時が経っていくのを待っているのも良いでしょう。

または、全く反対を向いて、「新境地」に旅立つのも良いでしょう。

 

 

どんな時でも、倒れていないカップはあります。

 

クルッと向きを変えて、「視線」を動かすと、そこには、忘れていた本音があったことに気が付きます。

 

 

川が流れ続けているように、「時」は進み続けています。

堰き止めることも、遮ることもできません。

 

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る