読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・小アルカナ「カップの7」:夢と幻想と空想と限りなく広がっていく思いと向かい合う

<カップの7>

 

一人の人物が、7つの「カップ」を見つめています。

その人物は、シルエットしか描かれていませんが、きっと、「大人の男性」ではないかと推測されます。

彼の表情も、見ることはできませんが、手を広げている姿は、戸惑っている様にも感じ取れます。もしかしたら、驚いているかもしれません。

彼は、動けずにその場に留まっています。

 

7つの「カップ」は、雲の上に置かれています。

もしも強い風が吹いたら、雲は風にかき消され、それと同時に「カップ」は倒れてしまうかもしれません。

とても「不安定」は場所に「カップ」は置かれているのです。

 

「カップ」の中には、あらゆるものが入っています。

大きな城、金銀財宝、勝利の証の月桂樹、強そうなドラゴン、魅力的な異性、鋭い視線のへび、そして、真ん中には、赤い光を放つ後ろ向きの人。

 

 

もしも、この中の、たった一つだけ、手にすることができたら、何を選ぶでしょう。

それには、6つを捨てなくてはいけません。

 

全て手にした姿を、夢煮る時、気持ちはワクワクします。

手に入れていないから、どんな幻想も、真実味を帯びて感じます。

そして、空想は、どこまでも広がっていくのです。

 

 

手に入れるための、行動を起こすと、自分の起こした「風」と、それによって起こる周囲の「風」が、雲をかき消してしまい、「カップ」がひっくり返ってしまうかもしれません。

 

 

 

夢と現実のギャップ

選べない

何を目指して良いのかわからなくなってしまった

優先順位を考えてみる必要があるかも

立ち止まって精査してみる

チャンスが来るのを待ってみる

(周囲にアクションを起こすカードが一緒に出ている場合は)壮大な夢が叶う

無計画に動くと、チャンスは掴めない

迷っている

それは、多くを望みすぎているから

都合のいいことばかりを期待しすぎている

現実を直視してみよう

(恋愛の場合)高すぎる理想がネックとなる

集中力が散漫している

陶酔感に浸る

絵に描いた餅

 

 

 

「選択肢」がたくさんある方が、自分にとって、「最適」に限りなく近いものを選べるかもしれません。

また、「多様性」を求めると、自分のオリジナルが活かせるかもしれません。

 

ただ、「選択肢」が多くなるほどに、「捨てる」ものが多くなっていきます。

 

 

だから、人は、たくさんの選択肢を提示されるほどに

選べなくなっていきます。

 

 

「全て」を手にすることは、雲の上に置かれた「カップ」を、同時に手で掴むことで

それは、所詮「夢物語」でしかありません。

 

 

夢を見ている時が、一番幸せな時なのかもしれません。

 

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る