読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・小アルカナ「カップの10」:「全て」を受け取った喜びを味わう

<カップの10>

 

10個の「カップ」は虹とともに光り輝いています。

二人の男女が寄り添っって、その光の輝きを見つめています。

それは、光を浴びている様にも見えます。

男性は左手を、女性は右手を大きく広げています。

そして、同じ方向を眺めています。

 

二人の横では、子供たちが楽しそうに踊っています。

子供たちは両手を繋ぎ、お互い見つめ合って踊っています。

楽しそうな様子からは、なんの不安も感じません。

お互いに、信じ合っていているからです。

 

遠くに、赤い屋根の家があります。

決して大きくて立派な家ではありません。

でも、緑に囲まれたその家の赤い屋根は、その家は「愛」に守られている様に感じます。

 

 

大地には、水が流れ、木々も活き活きと育ち

全ての「豊かさ」がそこにあります。

 

 

心が満たされている

幸せを共有する

幸せな小さな家族

精神的な満足感

幸せを共に喜ぶパートナーが現れる

(恋愛の場合)結婚

(子供を望んでいる場合)新しい命がやってくる兆し

「個」の幸せではない

相手を思いやる気持ちが大事

なので、依存的になると関係が崩れてしまう

自分の事ばかり優先すると不和につながる

チームワーク

パートナーと共に未来に向かって進んでいく

ただし、自分の足で歩くこと

慎ましい生活

手に余るものは要らない

だから、多くを望まないこと

 

 

 

「小アルカナ」の「10」には、それぞれのシンボルが極まった状態が描かれています。

 

「カップ」は感情。愛情でもあります。

愛が極まった状態が、この「カップの10」です。

 

リーディングで、このカードが出た時は、「ポジティブ」に捉えます。

しかし、気をつけなければいけないのは、「全体で一つ」である事を、忘れてはいけないのです。

 

男女のカップルは、男性は右手を、女性は左手を、パートナーの体に触れていますが、もう一方の手は、空に向かって、伸ばしています。

空に向かって伸ばした手は、これからの「未来」に向かって、それぞれ違うものを掴みます。

でも、その形が全く違っていたとして、「方向」が同じである限り、ずっと寄り添っていけるはずです。

 

 

その横の子供たちは、両手を繋いでいます。

 

 

二人っきりの世界に浸る関係と、それぞれの世界を共有する関係と、二つの「パートナー」が描かれています。

 

幸せな「パートナー」とは、この「二つ」のパートナーシップのバランスが取れている「二人」なのかもしれません。

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る