読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・小アルカナ「ソードの4」:まずは内側を整えてから

<ソードの4>

 

男性が、両手をみぞおちの上に重ねて、静かに横たわっています。

彼の表情は、とても穏やかです。

きっと、とても深い眠りについているのでしょう。

美しいステンドグラスから入り込む日差しは、彼を優しく包み込んでいます。

 

3本の「ソード」が壁にしっかりと固定されています。

一本は、彼の「第3の目」に向けて

一本は、彼の喉に向けて

一本は、彼のみぞおちに向けて

真っ直ぐに固定されています。

 

もう一本の「ソード」は、彼と同じ姿勢で、静かに横たわっています。

 

静寂に包まれた部屋は、時が止まってしまったかのように感じます。

この部屋で動いているのは、ステンドグラスから差し込む日差しだけです。

 

 

平和

休息

瞑想

心の平和を取り戻す

騒がしい「外」と決別した

それは決して逃げたのではない

自らの意思で決別をした

インプットの時

自分自身との対話

充電期間

孤独、それは必要な孤独

なぜなら、周囲に動かされ過ぎて自分の軸が消えてしまいそうになったから

自分の軸を、もう一度取り戻すための時間が必要

傷が癒えるのを待つ

全ての「情報」を遮断してこそ、本当に必要な「情報」に気が付く

 

 

・逆位置に出た場合

目覚めの時がきた

冬眠から目覚めよう

「長い冬」が終わりを迎える

生まれ変わってグレードアップした自分になれた

 

 

活動している時、それは「外」に意識が向かっています。

「外」を見て、「外」の形を変えていく作業を、延々と続けていく。

それが、目標に向かって努力する姿であり、成功を掴み過程でもあります。

 

「外」に放つ力は、「内」に宿っていて、「内」が満ちていなければ、放つ力は、軽々しくなっていきます。そして、想定外の「風」に簡単に吹き飛ばされてしまいます。

 

 

「ソード」は「風・思考・理性」のシンボルです。

「ソードの4」は、「外」の「風」に対抗するべく「内」の「風」を整えている姿が描かれています。

 

「第3の目」は見えないものを見る目

「喉」は言葉を発する部分

「みぞおち」は太陽神経叢がある部分

 

太陽神経叢は、自律神経のコントロールに関与していると言われています。自律神経とは、無意識に動く神経で、心臓の鼓動や、呼吸などにも関与しています。

 

見えないものを見る

魂がこもった言葉を発する

身体の調整が整っている

この3つが揃っていなくては、「風」に吹き飛ばされてしまいます。

そして、それらが充実するために必要な「行動」は「休息」です。

 

 

だから「孤独」は必要なのです。

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る