読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・コートカード「ソードのキング」:右でも左でも、あなたの好きな様に

<ソードのキング>

 

キングは真っ直ぐにこちらを向いて腰掛けています。

コートカード(人物カード)は全部で16枚あります。その中で、真正面に向かっているのは、「ソードのキング」ただ一枚です。

 

これほどまでに正面から向き合っているのは、真摯な態度で、逃げも隠れもしない彼の覚悟の強さの現れでしょう。

 

ただ、彼の持っている「ソード」は、少しだけ斜めになっています。

「ソードのクイーン」は、潔く真っ直ぐに持っていたのに比べると、彼は弱気になっているのでしょうか。

多分、そうではないはずです。

「迷い」は「弱さ」ではなく、全てを知り、陰も陽も大事にするからこそ、「ゆらぎ」が生まれ、それが新しい可能性を生む出す「風」を起こすのです。

 

彼の背後には、二羽の鳥が飛んでいます。

 

「二つ」の間で、どちらかを選ぶのかは、その時々で異なり、その時々で最善の「一つ」を選ぶことができるのが「ソードのキング」です。

 

 

 

権威の象徴

常に冷静で流されない

決断力

カリスマ性を持った人物

いつも周囲の事を考えて最善の決定を下している

裁判

法律

自ら下した決断に対して常に責任を負う覚悟を持っている

自分のやった行動を冷静に振り返っている

人のせいにしない

全ては自分のせい

道は「一つ」

もう一つは選べない

権力が集中している

だから不正が行われたとしても「道理が通る」かもしれない

誠意をいつも持っていなくては道を踏み外してしまう

なのでいつも襟を正して「自分の気持ち」を向き合っていこう

 

 

 

「あの時に右に手を伸ばしいたら・・・もっと素敵な世界が広がっていたかもしれない」

 

今に不満を抱えていたら、人は「もう一つの世界」への憧れの気持ちが大きくなっていきます。

そして、今の世界が、とてもつまらなく感じるのです。

 

 

人生は選択の連続ですが、それは選ばない選択とも言えます。

どんなに一つに絞ろうとしても、背後で軽やかに飛んでいる二羽の鳥のように、「二つ」の可能性が絶えず広がっていきます。

 

二羽の鳥の「良いことろ」だけ合体させようとしても、それは無理な話です。

でも、二羽の鳥は、案外と近い場所を飛んでいます。

 

 

どちらを選んだとしても、自分が自分と向き合って選んだとしたら、たぶん結果は似たり寄ったりなんだと思います。

 

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る