読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・小アルカナ「ペンタクルの3」:「世界」はみんなの為にある

彫刻家と設計士と僧侶が、寺院の建設について話し合っています。

 

若い彫刻家は、設計士と僧侶よりも高い台の上に乗って、上から二人を見ています。でも、それは、決して立場が上だからではないのです。

彼は、彼の仕事を最高の形で行う為に、高い台に乗る必要があったからです。

 

3人の「役目」は違います。

3人の関係は平等であり対等です。

 

各々が自分の「役目」を果たすからこそ、立派な寺院が建立できるのです。

 

華やかな色彩の「ペンタクル」のカードの中で、「ペンタクルの3」は、背景に色彩がありません。

色彩が豊かなのは、3人の「人物」だけです。

 

立派な寺院を建てるには(仕事を成し遂げる)主人公はあくまでも「人物」です。建物ではありません。

「人物」があって、最高の「結果」が着いてきます。

 

 

自分の役目を果たす

できる限りの力を出そう

一人では完成しない

チームワークを大事にしよう

共同作業

着実に事態は前に進んでいる

「結果」が見えてきた

最後まで気を緩めないこと

コツコツと今やっていることに取り組もう

パートナーシップ

特技が役立つ

出来ないことはその道の「プロ」に依頼する

出会いはやがて実を結ぶ関係になる

専門職

家族経営

働きやすい環境を自分で作る

 

 

 

「ペンタクルの3」は、とてもポジティブに解釈したいカードです。

なぜならば、「自分らしく」頑張れば、素晴らしい結果ができるよ、とカードが教えてくれているからです。

 

ただし、それには一つ「条件」があります。

 

「プロ」であること。

「他人・プロ」ではなく、「自分・プロ」に徹すること。

 

 

「自分・プロ」が、「世界」の役に立っている限り、必ず「助っ人」が現れます。「世界」が味方になってくれているから、出来ない理由はありませんね。

 

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る