読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・小アルカナ「ペンタクルの4」:守備を固めるほどに無防備になっていく

タロットカード「ペンタクル」は「財」を表します。

これは、直接的に「お金」の場合もありますが、「持っているもの」と大きく捉えることもできます。

 

 

「持っている」とは、「地位」「名誉」「仕事」「土地」「家」だけではなくて、今置かれている全ての「環境」も含まれます。

例えば、「自由な時間」「自分が大事にしている人たち」など。

 

「ペンタクルの4」は、一人で持てる「最大」の「財」を手に入れて安定した状態です。

 

男性は、4つの「ペンタクル」を、一つも奪われない様に、抱え込んで持っています。

両手、両足、頭には、彼の大事な「ペンタクル」があります。

それらは全て自分で手に入れました。

手に入るまで、彼はたくさんの時間と、相当な努力をしたのでしょう。

 

だから、どの一つも欠けることなく、自分が持っていたいのです。

これからもずっと持ち続けていく以外に、彼には選択肢を見つけるつもりはありません。

 

彼は守りに入りました。

 

 

もしも背後から「敵」がやって来たとしたら・・・・

背中には目がないので、彼は気づくことはありません。

 

 

人の意見を聞くつもりはない

所有物に執着している

周囲の状況が見えなくなっている

そして、見えなくなっていることすら気づいていない

守銭奴

持てる全てを手に入れた

コツコツと努力をした結果が出た

このままの状態を維持したいと考えている

変化を受け入れたくない

視野が狭くなっている

大事な「予兆」を見逃してはいないだろうか

例え「予兆」を薄々感じていても、それを否定しているのかもしれない

成長が止まっている

これ以上の発展は望めない

身動きが取れなくなってしまった

動く為には「手放す」勇気と勢いが必要

もしかしたら「持っているもの」は期限が切れているかもしれない

「財」は使わないとただの「もの」としてその場に留まる

 

 

 

リーディングで、このカードが出たとしたら、きっと今はある意味「幸せ」なのでしょう。

なぜなら、変わることが嫌で拒否しているから。

このままの状態でこれからもいたいと願っているからです。

 

 

目の前の「ペンタクル(現実)」に固執すればするほど、目の前に意識が向いていきます。

前に意識が集中していくほどに、後ろの意識が薄れていきます。

後ろは目では見ることが出来ない為に、「感覚」で捉えるしかありません。

 

 

もしも絶えず流れている「運」に乗りたいのであれば、背中から向かってくる流れを感じなくてはいけません。

流れに身を委ねる必要があるからです。

 

どんなに素敵な流れが背後から迫って来たとしても、彼は気がつかないどころか、その場所に留まろうとして、ますます頑なになっていきます。

それどころか、乗ってはいけない流れを、避けることなく、背中全体で受けてしまうかもしれません。

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る