読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・小アルカナ「ペンタクルの6」:「財」は巡る

<ペンタクルの6>

 

見るからに裕福そうな「商人」が、見るからに困っている男性に、自らのお金を施しています。

「商人」は、決して感情だけで施しているのではありません。

彼は「天秤」を持っているからです。

きっちりと「測って」必要なお金を分配しているのです。

 

 

青い服を纏った男性は、「商人」から施しを受けることができるでしょうか?

彼のポケットの中には「赤い」財布が入っています。

持っていても、それでも彼は施しを受けようとしているのでしょう。

 

 

「商人」の天秤は、一体どう判断するのでしょうか。

 

 

 

<商人を軸として見た場合>

慈善事業

寄付をする

ボランティア精神で取り組む

求められている、だから、与える

しかし、必要以上には与えてはいけない

持っていないものは与えることは出来ない

与えすぎないで、自分の「必要量」は確保すること

与える為には、いつも自分が満たされていないといけない

自分を満たす努力をすること

感情に流されないこと

 

<二人の男性を軸とした場合>

本当に必要ならば、頭を下げる勇気がいる

必要な理由が明確であれば、きっと必要なほど授かることができる

だから、何がどのくらい必要なのかを伝えよう

そして、それを授かることで何が実現できるのかを伝えよう

自分の「持ち点」を使うのを躊躇わないで

「持ち点」を減らさずに人の「持ち点」を使おうと思わないこと

なぜなら、すぐに「下心」が見破られてしまうから

「下心」がバレてしまったら、もう二度と施しはやってこない

「持っていない」から与えることが出来ない

でも、これから「持つ」ことができると与えることができる

もらった事は忘れないで

なぜなら、いずれ「お返し」をする時がくるから

 

 

 

「ペンタクル」は「財」のシンボルです。

「財」とは、実際の「お金」が真っ先に思い浮かびますが、それだけではありません。

 

「持っているもの」全てが、自分にとっての「財」です。

例えば、「特殊技術」や「資格」、そして、「思考」や「言葉」も。

 

 

大事なのは、「人間関係」においては、適切な「財の分配」のサイクルが回っていることです。

不必要な「要求」は、目詰まりの原因となってしまいます。

 

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る