読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・小アルカナ「ペンタクルの7」:「財」には賞味期限がある

男性は、ちょっと困っているように見えます。

たくさんの「ペンタクル」が実っているのに

なぜ、こんな表情をしているのでしょう。

 

 

思った以上に「成果」が上がって、思った以上に「財」が実ってしまい

それは、喜ばしい状況ではあるけれど、この次に、このたくさんの「ペンタクル」を、どう処理していくのか・・・・

新たな「課題」に直面しています。

 

 

なぜならば、果実に賞味期限があるように

全ての「財」にも、同じ様に賞味期限があるからです。

 

もしもたくさんの「財」を、このままの状態で持ち続けたいのであれば

維持管理のための、新たな「ノルマ」が発生します。

 

 

急いで、維持管理の手を打たなければ。

もうすでに、期限が切れそうな「ペンタクル」が一つ、「旬」を過ぎて、彼の足元に転がっています。

 

 

 

 

不満はないが、満足もしていない

想定と違った結果ではあるが、想定を超えている結果でもある

「収穫」はとても大きい

たくさんの「種」も手に入れた

たくさんの「種」を育てるために、今まで以上の「ノルマ」を負う

「結果」には「責任」が伴う

ある意味では、想像以上の「成功」を収めた

モノには恵まれている

ココロは不満を抱えている

どこまでたっても「満足感」が得られない

全てが「良い」ので、選択できない

 

 

 

全ては時の流れの中で、移ろいながら、最後には「消滅」」していきます。

もしも、「消滅」を避けたければ、手を加えて、消えかけた部分の「補修工事」が必要です。

ただ、「補修工事」を続けるほどに、最初の「部分」は新しく変わっていき、結局は、全て新しくなっています。

 

人が住まなくなった「家」は、あっという間に朽ち果てていき、「廃屋」となってしまうのと同じで、「家」を持った時点で、大きな「責任」を負うことになります。

 

 

「財」の「旬」を見極めて

「財」を最も良い方法で活用すると

「財」の中の「種」を使って

再び「財」を築くことができます。

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る