読み込み中

お知らせ

占いブログ

占いブログ

タロットカード・小アルカナ「ペンタクルの8」:楽しくなければやってられない

男性が、一心不乱にペンタクルを作成しています。

出来上がるペンタクルは、少しづつ違います。これほど慎重に、真剣に、集中して作業を行っても、二つとして同じものが出来上がりません。

 

 

心から満足できる物は、まだ出来ていないのでしょう。

だから、彼は、たった一人で作業を続けているのです。

彼の作業を邪魔する人も、批判する人も誰もいません。

応援する人もいません。

出来上がったペンタクルを、活用しようと待っている人もいません。

 

彼は、作ること以外は何も考えていません。

何も見えていません。

彼が見ているのは、目の前にあるペンタクルだけ。

 

 

もしも、この作業が楽しければ、彼は何て充実した時を過ごしているのでしょう。

もしも、この作業が苦痛でしかなければ・・・・。辛い。

 

 

コツコツと続ける

結果はまだ出ない

集中して取り組む

技術を磨く

自分にしか出来ない技の習得

目の前の物をやっていく

ストイック

一点物

誰にもそれは真似ができない

職人

資格を取る

専門職

基本に忠実に課題に取り組む

時間が経つのを忘れるほど熱中している

ゾーンに入る

短期ではなく長期で

時間をかける、または、時間がかかる

 

 

 

人は、「何者」かになりたいと願って、向上心を持ち、努力を重ねて、高いレベルへと上がっていきます。

 

 

その時に、「周囲」が気になっているとしたら、高いレベルの方向が、少し間違っているかもしれません。

高まっているかを判断するには、「周囲」ではなくて「過去の自分」との比較をしなくてはいけないのです。

 

 

すでに持っているものを、極めていく。

これが「何者」かになる方法です。

 

 

だから、好きな事でしか、「何者」かにはなれません。

表面的な「結果」は、周囲とのタイミングが合った時の副産物として生まれます。

お知らせ

占いブログ

イベント情報

トップページに戻る